3分でわかるスカパーJSAT

スカパーJSATについてわかりやすくご説明いたします。

01 スカパーJSATの事業概要

スカパーJSATの事業は、主に通信衛星によるサービスを基盤としています。
衛星通信の特徴は、地上回線を敷設することなく、映像・音声データなどの大容量の情報を限りなく多くの拠点に向けて一切に送信できることです。また、車載局や可搬型地球局を利用すれば、どこでもすぐに回線を構築することができます。さらに、通信衛星は宇宙空間にあるため、地震や津波など地上の自然災害の影響を受けにくいという利点があります。

  • MERIT 01

    広域・同報性・大容量

    主な利用分野

    • スカパー!の番組伝送
    • 地上波テレビ局、CATV局の番組伝送
    • 遠隔地の監視、制御 など
  • MERIT 02

    柔軟性

    主な利用分野

    • 移動体(航空機・船舶など)における高速インターネット接続環境を提供するサービス
    • 通信インフラが不足している国や地域(デジタルデバイド地域)での衛星電話や通信サービスの提供
  • MERIT 03

    耐災害性

    主な利用分野

    • 一般企業や自治体のネットワーク
    • 電力、ガス、石油などのライフライン企業のネットワーク
    • 重要拠点のバックアップ回線

衛星回線の提供および各種サービスを通じ、ビジネスや毎日の生活をより便利に、より豊かにするサポートをしています。

02 スカパーJSATの歴史

スカパーJSATは、放送と通信の分野でわが国のトップを走り続けてきたパイオニアたちが、ひとつになって誕生した、日本で唯一、かつ、アジア最大の衛星通信事業者で、日本におけるデジタル放送の歴史は有料多チャンネル放送「スカパー!」から始まりました。

図:スカパーJSATの歴史 図:スカパーJSATの歴史

03 こんなところに
スカパーJSAT

あれも、これも実は衛星の仕事です。日本で唯一、そしてアジア最大の衛星通信業者であるスカパーJSATグループ。現在保有する17機の静止衛星の活用に加え、今後は低軌道衛星やドローンを使ったビジネスにも進出します。衛星の強みをより多くのビジネスやサービスに活かして“通信”の可能性を広げ、この国の安心と安全を支えていきます。

  • 衛星

    アジア最大数の静止衛星や低軌道衛星を活用して、スカパーJSATのあらゆる事業の基盤となっています。衛星通信サービスの提供にとどまらず、新しい宇宙ビジネスの創出に取り組んでいます。

    SATELLITE

  • 航空機

    国内大手航空会社では衛星通信を活用した機内インターネット接続無料サービスが導入されており、利用者数は急速に増えています。

    AIRCRAFT

  • ドローン

    農業・測量分野での活用の他、保守点検・情報分析等のソリューションを統合したサービスの提供を行っています。橋梁や送電線などのインフラ点検分野や災害対策分野でも活躍しています。

    DRONE

  • 船舶

    海上でのインターネット需要に応え、広い海域で衛星通信によるインターネット通信サービスを提供しています。

    VESSEL

  • 通信未整備地域

    通信インフラの需要拡大が見込まれる東南アジアや太平洋州の島嶼国をはじめとする地域で衛星を活用した通信サービスを提供し、世界のデジタルデバイドの解消を推進しています。

    DIGITAL DIVIDE

  • 衛星中継車

    TV局のニュース素材やイベント会場からの中継映像などを伝送するほか、非常時の回線接続にも利用されています。

    SATELLITE NEWS
    GATHERING

  • 放送

    日本最大の衛星多チャンネル放送「スカパー!」を運営しています。アニメ、映画、サッカー、プロ野球、音楽など幅広いジャンルの番組をお届けしています。

    BROADCAST

  • オンデマンド

    インターネット回線経由で「スカパー!」の番組をスマホ・PC・タブレット・TVで視聴できるサービスを展開しています。

    ON DEMAND

04 数字でわかるスカパーJSAT

宇宙も、空も、海も、陸も、家族が集うリビングも、ひとりの自由な場所も、これらすべてのSpaceが笑顔で満たされるように。
グループミッション「Space for your Smile」を掲げるスカパーJSATグループの事業や業績、将来の展望など、さまざまな数字から魅力をご紹介します。

05 株主になったら

スカパーJSATホールディングスの株主になると、
配当金や株主通信などをお受取りいただけるとともに、株主として保有株式数に応じて議決権を行使できます。

  • BECOME 01

    配当金を受け取れます

    株主還元は、以下を前提に安定配当方針を継続。

    1. 安定的な経営基盤を確立
    2. 健全な財務体質の維持
    3. 積極的な事業展開に備えるための内部留保の充実

    株主還元方針

  • BECOME 02

    株主総会に参加できます

    議決権行使書を使用することにより、株主総会を通じて会社の経営に参加することができます。

    株主総会関連情報

  • BECOME 03

    株主通信を受け取れます

    株主の皆様に対して業績概要や事業説明など、会社の「今」を解説する冊子を発送いたします。

    株主通信