経営戦略

動画配信サービス各社の急速な顧客獲得や静止衛星の技術革新、低軌道衛星による新たなビジネスの台頭など、当社グループを取り巻く競争環境が大きく変わりつつある中、この変化をチャンスととらえ、加速するデジタル社会の進展とあらゆる空間におけるビジネスフィールドの拡張を見据え、当社グループの果たすべき役割を定めたグループミッションを掲げています。

経営方針・経営戦略

経営環境の変化が激しい中において、当社グループは経営方針として「スカパーJSATグループプラン2020+」を掲げ、人・事業・会社の全方位で抜本的改革を推進します。
そして、経営理念とSDGsを連動させ、従業員エンゲージメントを高めると共に、企業ブランドの再創生を図り、中長期的な企業価値の向上に努めます。

  • RE POWERING

これまで、コロナ禍に対応した、場所・時間に捉われない柔軟な働き方の実現、若手社員の抜擢などによる人財活性化に取り組んできましたが、これからも、世の中の変化に合わせて働く環境や制度を柔軟に見直していきます。
そして、制度を変えるだけではなく、グループミッションの実現に向けて、従業員一人一人が自己を変革し、自らのパフォーマンスを最大限発揮できる会社を目指します。

事業

  • RE BUILDING

宇宙事業では、航空機Wi-Fi向け回線提供をはじめとするグローバル市場の需要に積極的に対応するとともに、国内外において衛星利用が拡大している携帯バックホール向けの回線提供も拡大させていきます。

また、ビジネスインテリジェンス分野における収益拡大にとどまらず、様々な用途の宇宙インフラを国内外のビジネスパートナーとも協力しながら構築していくことで、Beyond 5G・6G時代の宇宙統合コンピューティング・ネットワークによる新たな収益の実現も検討していきます。

メディア事業では、FTTHや5G・Beyond 5Gなどの多様な伝送手段による事業展開を推進するとともに、国内外の配信サービスを支援するB2B事業である「メディアHUBクラウド」の実現に向けた取り組みを開始しました。

また、「スカパーオンデマンド」を発展させた新しい配信事業を立ち上げ、将来的には放送・配信を複合したプラットフォーム展開も図っていきます。

会社

  • RE BRANDING

2020年10月より『未知を、価値に。』を合言葉に、企業ブランディング活動を開始しています。地上から宇宙空間までをビジネスフィールドとする、ユニークかつ挑戦を続けていく当社の姿を、広く世の中の皆さまに知っていただくべく、継続的に活動を行っていきます。
加えて、サステナビリティ経営をより一層推進し、コーポレート・ガバナンスの強化も併せて行うことで、ブランド価値を高めてまいります。

  • 中期的に基礎収益力のさらなる強化を目指す 当期純利益 2020年度133億円 新規衛星による増収益 コスト構造の見直し 2021年度130億円 新規衛星の増収継続 配信事業の積極展開による先行費用の発生 2022年度~ 基礎収益力強化の具体策 宇宙事業 ●航空機Wi-Fi等のグローバル市場の旺盛な衛星通信需要に積極対応●ビジネスインテリジェンス分野の収益拡大とパートナーシップによる新領域への進出 ●「宇宙基本計画」に沿った事業拡大 メディア事業 ●FTTHや5G・Beyond 5G等の多様な伝送手段における利益拡大●B2B事業・配信事業の推進