役員報酬

業績との連動性を高めた透明性の高い役員報酬制度の構築

当社の役員報酬は、業績連動報酬と業績連動報酬以外の報酬等により構成されており、その支給割合の決定方針は、業績の向上並びに中長期的な企業価値の増大に向けて職責を負うことを考慮し、決定しております。
決定に際しては、報酬方針、配分体系及び運用における客観性を確保するために指名報酬委員会の答申を受けたうえで、取締役会が決定しております。ただし、社外取締役の報酬については、その職責に照らしその独立性を重視する観点から、固定報酬のみとしております。
業績連動報酬に係る指標は、当期純利益等の定量指標及び役員個人の定性評価を組み合わせて役員ごとに設定しております。当該指標を選択 している理由は、当該指標が当社の短期及び中長期的な業績への貢献度を総合的に判断できるものであり、役職員全員が共有できる客観的かつ定量的な評価指標であると考えているためです。業績連動報酬の額の決定方法は、支給割合の決定方針と同様に、指名報酬委員会の答申を受けたうえで、取締役会にて決定しております。

取締役および監査役の報酬等の内容

役員区分

報酬等の総額
(百万円)

報酬等の種類別総額(百万円)

対象となる役員
の員数(人)

基本報酬業績連動報酬

取締役
(社外取締役を除く)

106 76 30 8

監査役
(社外監査役を除く)

- - - -
社外役員 94 94 - 11
  • 上記には、2018年6月22日開催の第11回定時株主総会終結の時をもって退任した取締役3名(うち​社外取締役2名)を含んでおります。
  • 報酬等の総額には、当事業年度の業績連動型報酬として支給予定の額を含んでおります。​
  • 上記報酬等の総額には、取締役を兼務した当社子会社の役員報酬総額147百万円は含まれておりません。​
  • 株主総会決議(2008年6月27日定時株主総会)による報酬限度額は、年額300百万円以内(うち社外取締役分は60百万円以内)です