コーポレート・ガバナンス体制

ガバナンス体制の全体像

当社は、取締役の職務の執行が効率的に行われることを確保するための体制の基礎として、取締役会を原則月1回定時開催するほか、必要に応じて臨時取締役会を開催し、当社および当社グループ会社の重要な業務執行について意思決定するとともに、各グループ会社の重要な発生事実等について情報を共有し、適正かつ迅速なリスクマネジメントを行っています。

当社は、各取締役の職務分担を明確にし、当該担当業務の執行については、組織規程において各部門の業務分担を明確にするとともに、その責任者を定め、適正かつ効率的に職務が行われる体制を構築しています。また、企業経営者など豊富な経験を持つ社外取締役の選任により、取締役会での多面的な議論と意思決定の合理性・妥当性を高め、当社グループのガバナンスの実効性を高めています。

現状のコーポレート・ガバナンス体制を選択している理由

当社は、監査役(監査役会)設置会社として、監査役による経営監視を十分機能させることで監視・監督機能の充実と経営の透明性、健全性を確保しています。監査役による経営監視を主軸とした企業統治体制に加えて、取締役会による経営監督の実効性と経営の透明性、健全性を強化・向上させることを目的に、独立性の高い社外取締役、社外監査役を複数名選任するとともに、取締役会の諮問機関として「指名報酬委員会」を任意で設置しております。この「指名報酬委員会」は、その過半数が社外取締役をもって構成され、社外取締役を委員長としており、役員の指名、報酬の決定において独立性のある答申を行うこととしております。

コーポレート・ガバナンス体制図

  • コーポレート・ガバナンス体制図

監査役および監査役会

当社は、監査役4名で構成される監査役会を設置し、4名全員が社外監査役です。監査役は、当社の取締役会および経営会議等の重要な意思決定会議に出席し、積極的な意見陳述を行うとともに、年間計画に基づき、当社組織の各部およびグループ会社の調査を行い、取締役の業務執行を監査することとしています。また、監査役会は、会計監査人から随時監査に関する報告を受けるとともに、内部監査部の内部監査の状況について報告を受け、助言および内部統制の状況について意見交換を行っています。

2018年度社外監査役の主な活動状況

監査役:西村 至

当事業年度に開催された取締役会15回のうち15回に出席し、また、当事業年度に開催された監査役会14回のうち14回に出席し、議案の審議等につき、必要に応じ、総合商社における豊富な経験・知見に基づいた発言を行っております。

監査役:小川 晃

当事業年度に開催された取締役会15回のうち15回に出席し、また、当事業年度に開催された監査役会14回のうち13回に出席し、議案の審議等につき、必要に応じ、国際的な金融分野での事業経営に関する豊富な経験・知見に基づいた発言を行っております。

監査役:勝島 敏明

当事業年度に開催された取締役会15回のうち15回に出席し、また、当事業年度に開催された監査役会14回のうち14回に出席し、議案の審議等につき、必要に応じ、公認会計士及び税理士としての立場から、財務経理分野に関する豊富な経験・知見に基づいた発言を行っております。

監査役:國分 幹雄

就任後に開催された取締役会11回のうち11回に出席し、また、就任後に開催された監査役会10回のうち10回に出席し、議案の審議等につき、必要に応じ、放送業界に関する豊富な経験・知見に基づいた発言を行っております。