HOME

ニュースリリース

当社グループ役職員の新型コロナウイルス感染について(追加1)

2020年04月16日

 スカパーJSATグループの株式会社スカパー・ブロードキャスティング(本社:東京都港区)に勤務する役職員のうちの1名が、新型コロナウイルス感染検査で「陽性」であることが4月16日(木)に判明しました。現時点での当社グループにおける感染者は合計で3名となります。今後も、当社グループは、関係各機関との連携をとりながら、社内外への感染被害抑止および役職員の安全確保を最優先に対策を講じてまいります。

感染の状況、および現時点での対処は以下のとおりです。


■株式会社スカパー・ブロードキャスティング

 ・人数: 1名
 ・勤務状況:原則在宅勤務を行っており、在宅勤務対象外の業務に従事する場合に限り、本社に出社しておりました。最終出社日は4月3日(金)です。
 ・症状:4月4日(土)に発熱の症状が現れ、以降は自宅療養を行っておりました。
 ・対処: ①行動履歴、および勤務拠点における濃厚接触者の特定
     ②濃厚接触及び濃厚接触の可能性のある役職員に対する自宅待機指示、その健康状態の経過確認
     ③行動履歴により判明した濃厚接触の可能性のあるお取引先様への報告ならびに健康調査依頼
     ④勤務フロアおよび共用部の消毒作業については、当社グループの自主判断により、当該1名の最終出社日以降の4月7日(火)および4月8日(水)に実施済

 当社グループは、2月18日(火)に対策本部を立ち上げ、新型コロナウイルスの感染被害抑止と各拠点に勤務する役職員及び各お取引先様の安全確保を目的に、2月28日(金)より、原則、全役職員を対象に在宅勤務としております。
 4月6日(月)からは、緊急事態宣言発令に先んじて縮退運用を開始しつつ、「通信」「放送」という公共性の高い事業を担う企業グループとして、継続的にサービス提供できる体制を整えております。


以上