HOME

ニュースリリース

スカパーJSAT Web3*関連プロダクトを開発するFrame00との
資本業務提携により、クリエイターエコノミーの市場開拓を狙う

2022年07月15日

スカパーJSAT株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長:米倉 英一、以下 スカパーJSAT)はFrame00株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO 原麻由美、以下 Frame00)へ資本参加を決定するとともに、双方が保有する技術・アセットを結集し、メディア・エンターテインメント業界でのWeb3関連事業の創出に向け、業務提携に関する契約を締結し、協業を開始いたします。

Web3の中核要素であるブロックチェーン関連技術を活用することで、コンテンツのクリエイターとファン双方の活動・体験をアップデートできる可能性を秘めており、拡大するクリエイターエコノミー等、新しい市場・ニーズを捉えた事業開発を進めてまいります。

事業展開例:
アニメ、アイドルを始めとしたさまざまなジャンルのコミュニティに対して、新しい体験を提供
●熱量の高いファンにだけもらえる限定バッジ(NFT)の配布
●クリエイターに対するN次創作・N次流通時のロイヤリティ還元
●ファン投票でストーリーを決めるコンテンツの配信

また、メディア・エンターテインメント業界でたびたび問題視される著作権の不正利用の問題についても、ブロックチェーン技術を活用した、これまでにない著作権保護等のイノベーティブなソリューション開発の検討も進めてまいります。

  • <検討事業のイメージ>

スカパーJSATは、20年以上にわたり国内最大の有料多チャンネルデジタル放送「スカパー」や動画配信サービス「SPOOX」を運営し、多くのお客様に様々な映像コンテンツを届けてまいりました。
Frame00は、「すべてのイノベーターが評価され、持続的に挑戦できる社会をつくる」というビジョンを掲げ、ブロックチェーン基盤で利用できるオープンソースの分散型ミドルウェア「DEVプロトコル」や、DAO開発支援キット「Clubs」等、Web3分野の事業開発をサポートする各種プロダクト・サービスを開発・提供しています。

本業務提携により、スカパーJSATのメディア・エンタメ事業での幅広いアセットと、Frame00のWeb3関連のプロダクトや技術力とをかけ合わせ、Web3関連事業の開発・成功を目指し、協業を進めてまいります。

<会社概要>

■スカパーJSAT株式会社

代表者

: 代表取締役 執行役員社長 米倉 英一

設 立

: 1994年11月10日

資本金

: 50,083百万円

本社所在地

: 東京都港区赤坂1-8-1

事業内容

: 放送と通信融合のトップランナーとして、アジア最大の16機の衛星を保有する、有料多チャンネル放送と衛星通信を提供している国内唯一の事業会社です。加入者数約300万を誇る日本最大の衛星有料多チャンネルプラットフォーム「スカパー」を通じて多種多様なエンターテイメントをお届けし、日本・アジア・オセアニア・ロシア・中東・ハワイ・北米をカバーする衛星通信サービスは「社会の安心・安全・便利」を支えています。

公式サイト

: https://www.skyperfectjsat.space/

 

■Frame00株式会社

代表者

: 代表取締役 CEO 原 麻由美

設 立

: 2015年8月24日

資本金

: 31百万円

本社所在地

: 東京都渋谷区神南1丁目6−5

事業内容

: すべてのイノベーターが評価され、持続的に挑戦できる社会をつくる」をミッションに2015年に設立、日本とスイスの二拠点でブロックチェーン事業を展開。持続可能なクリエイターエコノミーのためのテクノロジー「DEVプロトコル」を、世界500名を超えるオープンソースコミュニティと共に開発しています。

公式サイト

: https://corp.frame00.com/

* Web3(あるいはWeb3.0)とは、コンテンツを閲覧する時代(Web1.0)、コンテンツを書き込む時代(Web2.0)に続き、ブロックチェーン基盤上でコンテンツをオープンに所有していくことを特徴とした、インターネット産業の新しいコンセプトです。(暗号通貨・イーサリアムの共同創設者ギャビン・ウッド氏が2014年に提唱)

以上